暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

聞き上手になるためのポイント

投稿日:2014年7月29日 更新日:

kikikata
心理カウンセラーに学ぶ
聞き上手になるためのポイント

質問したのによく聞きもせず話題を変えるのはNG。まず答えをちゃんと聞くのが礼儀!

人望のある人は「聞き上手」な人が圧倒的に多く、話を聞いてもらおうと相談を持ちかけられるのが信頼の証。ある意味、聞き上手は話し手の話を大きく両手を広げてしっかリ受け止める会話上手。

そんな会話のプロが心理カウンセラーや臨床心理士など。

なにしろ彼らは心の領域に入り込み、重たい□を開かせて悩みを聞く。

その会話術は
①受容、②繰り返し、③明確化、④支持、⑤質問、の5段階。

けっして頭ごなしに否定したりせず、大きな気持ちで「どうしたの?」と受け止め、よく耳を傾けて「しかし」「でも」といった逆接は用いずに話を整理し、肯定しつつ問題を浮き彫りにする。

質問したら答えを一生懸命聞き、多少理屈の通らない話でも「なるほど、そんなふうに思っていたんだ」と受け止めるのが大原則。

だから「この人は味方」と相手も心を開く。受け止め上手こそが、頑なな心も和らげる特効薬なのである。

Sponserd Link

Sponserd Link

-人付き合い編
-, ,

執筆者:

関連記事

部下と上司

部下を育てる上手なしかり方のポイント

カリスマ経営者に学ぶ部下を育てる上手なしかり方のポイント かつての大経営者は怒るときは本当に恐かったが、厳しくしかった後で気遣いのフォローを入れ「あいつは見込みがあるからお灸を据えた」と第三者を介して …

場の空気を読む

「場の空気」の読み方を良くするコツ

卜ップ営業マンに聞く「場の空気」の読み方を良くするコツ 時期流行したのがKY(空気が読めない)という言葉。そもそも場の空気を読むというのは、端的にいえば相手をよく知ること。全体の雰囲気を把握し自らの役 …

会話術

初対面でも相手を飽きさせない会話術

ホステスに学ぶ初対面でも相手を飽きさせない会話術  見ず知らずの、しかも世代も違うおじさん相手に談笑する夜の蝶、ホステスたち。その会話術はあなどれない。気難しい人や相性の合わない人と、たとえ初対面でも …

じゃんけん必勝法

ジャンケンに負けない必勝法

心理学者に聞いたジャンケンに負けない必勝法 大人になってもジャンケンを行うシーンは結構あるものだ。 さすがにカバン持ちというわけにはいかないが、順番決めや会計持ちなどいい大人が今もジャンケンする。 一 …

人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方

精神科の先生が教える 人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方 一般的に境界性人格障害(ボーダー)と呼ばれている病気。 人格障害というと語弊があるので、現在、正式には境界性パーソナリティ障害と呼ばれて …