暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

長所を伸ばす上手なほめ方の秘訣

投稿日:2014年2月18日 更新日:

褒める教員
べテラン教員が教える
長所を伸ばす上手なほめ方の秘訣

 有名な山本五十六氏の言葉に「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」という名言がある。
あの連合艦隊司令長官をもってしても、人を動かすには命令だけではダメで、ほめるのが大事と説く。幼児教育から学校教育、社員教育にいたるまで、すべからく教育と名のつくものには「ほめる」「しかる」が大切。

では、どんなほめ方をするのがいいのか?

子供の場合なら具体的にいい所を指摘してあげるのが効果的。

「今日の朗読、はきはきした声でよかった」「ダンス、手がきれいに伸びていましたね」などと具体的なことをほめて本人のやる気をくすぐり、自信を持たせる。

 社員教育も基本は同じ。社員の動きや努力をしっかり評価したうえで「昨日のプレゼン、元気があって好評だったよ」とほめられれば、人間悪い気はしない。お世辞ではなく、一貫性のあるほめ方が大事なのである。

PS.お世辞でほめても逆効果の場合があるが、直接ではなく、陰でほめるのは意外に効果的だ。

Sponserd Link

Sponserd Link

-人付き合い編
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

笑顔の作り方

好感を与えるステキな笑顔のつくり方

客室乗務員に学ぶ好感を与えるステキな笑顔のつくり方 相手に好感を持たれたり、いい印象を与えるスマイルはもっとも重要な表情。「笑う門には福来たる」で、爽やかな笑顔はコミュニケーションのいい潤滑油にもなる …

場の空気を読む

「場の空気」の読み方を良くするコツ

卜ップ営業マンに聞く「場の空気」の読み方を良くするコツ 時期流行したのがKY(空気が読めない)という言葉。そもそも場の空気を読むというのは、端的にいえば相手をよく知ること。全体の雰囲気を把握し自らの役 …

話し方がきれいになる方法

話し方教室の先生に聞いた きちんと伝わる美しい話し方の極意 話し方がきれいな人は好感度が高く、初対面の人とでも円滑にコミュニケーションをとることができて何かとお得。まさに、「早起きは三文の得」と同様に …

じゃんけん必勝法

ジャンケンに負けない必勝法

心理学者に聞いたジャンケンに負けない必勝法 大人になってもジャンケンを行うシーンは結構あるものだ。 さすがにカバン持ちというわけにはいかないが、順番決めや会計持ちなどいい大人が今もジャンケンする。 一 …

写真のうつり方

写真うつりをよくする立ち方、顔の向き

モデルに学ぶ 写真うつりをよくする立ち方、顔の向き 実物はかわいいのに、写真を撮るとなぜか恐い顔に写ってしまう。逆に写真では美人だったのに、実際会ってみるとがっかりなんてこともある。 写真うつりをよく …