暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

「場の空気」の読み方を良くするコツ

投稿日:2014年3月3日 更新日:

場の空気を読む
卜ップ営業マンに聞く
「場の空気」の読み方を良くするコツ

時期流行したのがKY(空気が読めない)という言葉。そもそも場の空気を読むというのは、端的にいえば相手をよく知ること。全体の雰囲気を把握し自らの役割を考えて行動することは、商談や打ち合わせにも応用できるコミュニケーション力だ。

 たとえば初回の顧客訪問でソリューションや見積もりを話して受け入れられるだろうか?

答えはNO。
コミュニケーションをスムーズにする雑談中に提案書を見せたがる営業マンもよくいる。早く説明したい気持ちもわからないではないが本来なら雑談して間合いを置いてから説明すべきなのに、一方的に話し出す態度は相手のことを考えてない証拠。

また、相手の話を少し聞いただけで「それは違う」と自分の意見を主張するのもKYの典型。自らの考えで話を遮らず相手の話を理解しようとする態度を前提にしてこそ、場の空気は良くなる。場の空気を読むのは、営業の基本だ。

せっかくの商談も、うかつな一言で台無しに。場の空気を読む力は営業活動に必須ですよ!


>>営業が苦手でも営業の極意を180分でマスターして、明日から営業成績を向上させる5つの実践手法


>>保険営業・初対面でもお客さんが身を乗り出して話を聞いてくれる魔法のセールストーク

Sponserd Link

Sponserd Link

-人付き合い編
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聞き上手になるためのポイント

心理カウンセラーに学ぶ 聞き上手になるためのポイント 質問したのによく聞きもせず話題を変えるのはNG。まず答えをちゃんと聞くのが礼儀! 人望のある人は「聞き上手」な人が圧倒的に多く、話を聞いてもらおう …

合コン成功

合コンを成功させるちょっとしたコツ

合コン大好き人間に学ぶ合コンを成功させるちょっとしたコツ  婚活ブームの昨今だが、その前の出会いの場としてまだまだ人気なのが「合コン」だ。合コンで多くの結果を出してきた合コン大好き人間によれば、知り合 …

人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方

精神科の先生が教える 人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方 一般的に境界性人格障害(ボーダー)と呼ばれている病気。 人格障害というと語弊があるので、現在、正式には境界性パーソナリティ障害と呼ばれて …

笑顔の作り方

好感を与えるステキな笑顔のつくり方

客室乗務員に学ぶ好感を与えるステキな笑顔のつくり方 相手に好感を持たれたり、いい印象を与えるスマイルはもっとも重要な表情。「笑う門には福来たる」で、爽やかな笑顔はコミュニケーションのいい潤滑油にもなる …

褒める教員

長所を伸ばす上手なほめ方の秘訣

べテラン教員が教える長所を伸ばす上手なほめ方の秘訣  有名な山本五十六氏の言葉に「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」という名言がある。 あの連合艦隊司令長官をもってし …