暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

初対面でも相手を飽きさせない会話術

投稿日:2014年2月13日 更新日:

会話術
ホステスに学ぶ
初対面でも相手を飽きさせない会話術

 見ず知らずの、しかも世代も違うおじさん相手に談笑する夜の蝶、ホステスたち。その会話術はあなどれない。気難しい人や相性の合わない人と、たとえ初対面でも楽しく会話できなくては、この商売やっていけないからだ。

そんなホステスたちの話題のコツは
「ステゼリフニシテ」。
ス=住まいや出身地の話、
テ=天気の話、
ゼ=セックスの話、
リ=旅行の話、
フ=服の話、
ニ=ニユースの話、
シ=趣味の話、
テ=テーブル遊び。

これだけ話題を用意し、対立しやすい「政治」「宗教」「スポーツ」や「家族・家族構成」の話題は避けながら、楽しそうに話すのが基本。

まずは相手の答えやすい質問から糸口を見つけ、しぐさや様子からほどよい距離をはかり、無理な詮索はしない。
また、相手の出した話題を否定せずプラスにとらえて会話の芽を育てていく話術も注目。客を楽しませる引き出しの多さは見習うべきものがある。

PS.キャッチボールするのが楽しい会話。話者交替したい時は手を挙げる等の動作も大事!

-人付き合い編
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

場の空気を読む

「場の空気」の読み方を良くするコツ

卜ップ営業マンに聞く「場の空気」の読み方を良くするコツ 一時期流行したのがKY(空気が読めない)という言葉。そもそも場の空気を読むというのは、端的にいえば相手をよく知ること。全体の雰囲気を把握し自らの …

部下と上司

部下を育てる上手なしかり方のポイント

カリスマ経営者に学ぶ部下を育てる上手なしかり方のポイント かつての大経営者は怒るときは本当に恐かったが、厳しくしかった後で気遣いのフォローを入れ「あいつは見込みがあるからお灸を据えた」と第三者を介して …

字を上手に

字がうまく見える書き方のコツ

ペン字教室の先生に聞いた字がうまく見える書き方のコツ  携帯メールやパソコン全盛の時代ではあるけれど、ペン字や書道などの習い事人気は高い。というのも年賀状に暑中見舞い、手紙の宛名や各種文書など、直筆で …

人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方

精神科の先生が教える 人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方 一般的に境界性人格障害(ボーダー)と呼ばれている病気。 人格障害というと語弊があるので、現在、正式には境界性パーソナリティ障害と呼ばれて …

結婚式の司会

結婚パーティの司会をこなすコツ

プロ司会者に聞く 結婚パーティの司会をこなすコツ パーティ形式の披露宴では、司会者をプロではなくて、友人などに頼むケースも多いですよね。 そこで、もし司会を頼まれた場合の心構えとコツをお伝えします。 …