暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

初対面でも相手を飽きさせない会話術

投稿日:2014年2月13日 更新日:

会話術
ホステスに学ぶ
初対面でも相手を飽きさせない会話術

 見ず知らずの、しかも世代も違うおじさん相手に談笑する夜の蝶、ホステスたち。その会話術はあなどれない。気難しい人や相性の合わない人と、たとえ初対面でも楽しく会話できなくては、この商売やっていけないからだ。

そんなホステスたちの話題のコツは
「ステゼリフニシテ」。
ス=住まいや出身地の話、
テ=天気の話、
ゼ=セックスの話、
リ=旅行の話、
フ=服の話、
ニ=ニユースの話、
シ=趣味の話、
テ=テーブル遊び。

これだけ話題を用意し、対立しやすい「政治」「宗教」「スポーツ」や「家族・家族構成」の話題は避けながら、楽しそうに話すのが基本。

まずは相手の答えやすい質問から糸口を見つけ、しぐさや様子からほどよい距離をはかり、無理な詮索はしない。
また、相手の出した話題を否定せずプラスにとらえて会話の芽を育てていく話術も注目。客を楽しませる引き出しの多さは見習うべきものがある。

PS.キャッチボールするのが楽しい会話。話者交替したい時は手を挙げる等の動作も大事!

-人付き合い編
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

写真のうつり方

写真うつりをよくする立ち方、顔の向き

モデルに学ぶ 写真うつりをよくする立ち方、顔の向き 実物はかわいいのに、写真を撮るとなぜか恐い顔に写ってしまう。逆に写真では美人だったのに、実際会ってみるとがっかりなんてこともある。 写真うつりをよく …

聞き上手になるためのポイント

心理カウンセラーに学ぶ 聞き上手になるためのポイント 質問したのによく聞きもせず話題を変えるのはNG。まず答えをちゃんと聞くのが礼儀! 人望のある人は「聞き上手」な人が圧倒的に多く、話を聞いてもらおう …

人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方

精神科の先生が教える 人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方 一般的に境界性人格障害(ボーダー)と呼ばれている病気。 人格障害というと語弊があるので、現在、正式には境界性パーソナリティ障害と呼ばれて …

話し方がきれいになる方法

話し方教室の先生に聞いた きちんと伝わる美しい話し方の極意 話し方がきれいな人は好感度が高く、初対面の人とでも円滑にコミュニケーションをとることができて何かとお得。まさに、「早起きは三文の得」と同様に …

似顔絵

似顔絵を上手に描く技

似顔絵師に聞いた似顔絵を上手に描く技  山藤章二さんのような、似顔絵の名手といわれる人たちの絵をみると、思わず二ヤリとしてしまう人も多いのではないだろうか。 それくらい個人の特徴を見事につかんだ似顔絵 …