暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

話し方がきれいになる方法

投稿日:2014年7月15日 更新日:

hanashi話し方教室の先生に聞いた
きちんと伝わる美しい話し方の極意

話し方がきれいな人は好感度が高く、初対面の人とでも円滑にコミュニケーションをとることができて何かとお得。まさに、「早起きは三文の得」と同様に、美しく話せる人はそれだけでかなりのアドバンテージを持っているといってもよいかもしれない。

話し方教室の先生によれば「不快感を与えない声で相手にきちんと伝わるよう話す」のが美しい話し方。そのためのポイントはまず姿勢から。立っていても腰掛けていても、マリオネット(操り人形)のようにつリ上げられているイメージで背筋をのばし、腕や足を組まず、のどから上をリラックスさせる。

次に発声のコツとしては、息を吐きながら「ホー」とまっすぐ声を出し、これができたら、Hの部分を消して「オー」と発声。同じように「ハー」からHを消して「アー」という具合に母音をスムーズに発声する練習を続けていくと、よく通る声になるのだそうだ。


人に好かれるコミュニケーション会話術

Sponserd Link

Sponserd Link

-人付き合い編
-, ,

執筆者:

関連記事

浮気探偵

浮気の気配をそれとなく見破るポイント

探偵が教える浮気の気配をそれとなく見破るポイント タバコを買うだけで毎回携帯電話を持って出ていくのも十分に怪しい。ご注意召され!  厳密にいえば、浮気のサインは浮気の証拠でなく、浮気が疑われる兆候や行 …

写真のうつり方

写真うつりをよくする立ち方、顔の向き

モデルに学ぶ 写真うつりをよくする立ち方、顔の向き 実物はかわいいのに、写真を撮るとなぜか恐い顔に写ってしまう。逆に写真では美人だったのに、実際会ってみるとがっかりなんてこともある。 写真うつりをよく …

場の空気を読む

「場の空気」の読み方を良くするコツ

卜ップ営業マンに聞く「場の空気」の読み方を良くするコツ 時期流行したのがKY(空気が読めない)という言葉。そもそも場の空気を読むというのは、端的にいえば相手をよく知ること。全体の雰囲気を把握し自らの役 …

人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方

精神科の先生が教える 人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方 一般的に境界性人格障害(ボーダー)と呼ばれている病気。 人格障害というと語弊があるので、現在、正式には境界性パーソナリティ障害と呼ばれて …

部下と上司

部下を育てる上手なしかり方のポイント

カリスマ経営者に学ぶ部下を育てる上手なしかり方のポイント かつての大経営者は怒るときは本当に恐かったが、厳しくしかった後で気遣いのフォローを入れ「あいつは見込みがあるからお灸を据えた」と第三者を介して …