話し方がきれいになる方法

人付き合い編

hanashi話し方教室の先生に聞いた
きちんと伝わる美しい話し方の極意

話し方がきれいな人は好感度が高く、初対面の人とでも円滑にコミュニケーションをとることができて何かとお得。まさに、「早起きは三文の得」と同様に、美しく話せる人はそれだけでかなりのアドバンテージを持っているといってもよいかもしれない。

話し方教室の先生によれば「不快感を与えない声で相手にきちんと伝わるよう話す」のが美しい話し方。そのためのポイントはまず姿勢から。立っていても腰掛けていても、マリオネット(操り人形)のようにつリ上げられているイメージで背筋をのばし、腕や足を組まず、のどから上をリラックスさせる。

次に発声のコツとしては、息を吐きながら「ホー」とまっすぐ声を出し、これができたら、Hの部分を消して「オー」と発声。同じように「ハー」からHを消して「アー」という具合に母音をスムーズに発声する練習を続けていくと、よく通る声になるのだそうだ。


人に好かれるコミュニケーション会話術

タイトルとURLをコピーしました