暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

字がうまく見える書き方のコツ

投稿日:2014年2月9日 更新日:

字を上手に

ペン字教室の先生に聞いた
字がうまく見える書き方のコツ

 携帯メールやパソコン全盛の時代ではあるけれど、ペン字や書道などの習い事人気は高い。というのも年賀状に暑中見舞い、手紙の宛名や各種文書など、直筆で文字を書かねばならない局面は意外と多いからだ。

 字の下手な人がー気に達筆になるのはムズカシくても、下手は下手なりに″マトモ″な字に見せるコツがある。たとえば、

①漢字よりもひらがなはやや小さく書くこと。手紙
やハガキの宛名書きにこの方法を応用すると、見た目にもバランスがよくなる。

②書き殴ったような行書体では下手さを強調するだけなので、丁寧に一字一字、楷書できっちりゆっくり書くようにする。

③字の中心と行の中心がずれないように揃える。

④複数のタテ画とヨコ画がある字の場合は、間隔や傾きを揃える。

⑤複数のヨコ画で形を整えにくい場合、最後の一画を心持ち長めにして強調する

などの方法を試すと案外サマになるものだ。

どの部分を一点強調するかは見本を見ながら習い慣れること。それが一番の上達法だ!

-人付き合い編
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

話し方がきれいになる方法

話し方教室の先生に聞いた きちんと伝わる美しい話し方の極意 話し方がきれいな人は好感度が高く、初対面の人とでも円滑にコミュニケーションをとることができて何かとお得。まさに、「早起きは三文の得」と同様に …

部下と上司

部下を育てる上手なしかり方のポイント

カリスマ経営者に学ぶ部下を育てる上手なしかり方のポイント かつての大経営者は怒るときは本当に恐かったが、厳しくしかった後で気遣いのフォローを入れ「あいつは見込みがあるからお灸を据えた」と第三者を介して …

人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方

精神科の先生が教える 人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方 一般的に境界性人格障害(ボーダー)と呼ばれている病気。 人格障害というと語弊があるので、現在、正式には境界性パーソナリティ障害と呼ばれて …

似顔絵

似顔絵を上手に描く技

似顔絵師に聞いた似顔絵を上手に描く技  山藤章二さんのような、似顔絵の名手といわれる人たちの絵をみると、思わず二ヤリとしてしまう人も多いのではないだろうか。 それくらい個人の特徴を見事につかんだ似顔絵 …

聞き上手になるためのポイント

心理カウンセラーに学ぶ 聞き上手になるためのポイント 質問したのによく聞きもせず話題を変えるのはNG。まず答えをちゃんと聞くのが礼儀! 人望のある人は「聞き上手」な人が圧倒的に多く、話を聞いてもらおう …