暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

写真うつりをよくする立ち方、顔の向き

投稿日:2014年6月24日 更新日:

モデルに学ぶ
写真うつりをよくする立ち方、顔の向き

写真のうつり方

実物はかわいいのに、写真を撮るとなぜか恐い顔に写ってしまう。逆に写真では美人だったのに、実際会ってみるとがっかりなんてこともある。

写真うつりをよくするためのポイントはどこにあるのだろうか。

まずは笑顔。といっても自然な笑顔を作るのは難しいので練習が必要だが、コツとしては呼吸を止めないようにして口角をあげるといい。

これに加え、顔の向きの角度も重要。真正面では欠点もそのまま写ってしまうので、自分が一番きれいに見える角度を見つけて、その方向をカメラに向ける。

体の向きも真正面にならないよう、首、肩、腰、膝をそれぞれひねってポーズを作る。理想は「S字型」だそう。

また、レンズの正面を見つめると目つきが鋭くなってしまうので、レンズの上部を見るようにしよう。

そのほか、遠近法を利用して、足を前に出して足長に、顔を後ろに引いて小顔に見せるなんて手もある。

PS.自分が一番きれいに見える顔の向きやポーズを、鏡の前でチェックしておこう。

-人付き合い編
-, , ,

執筆者:

関連記事

聞き上手になるためのポイント

心理カウンセラーに学ぶ 聞き上手になるためのポイント 質問したのによく聞きもせず話題を変えるのはNG。まず答えをちゃんと聞くのが礼儀! 人望のある人は「聞き上手」な人が圧倒的に多く、話を聞いてもらおう …

場の空気を読む

「場の空気」の読み方を良くするコツ

卜ップ営業マンに聞く「場の空気」の読み方を良くするコツ 時期流行したのがKY(空気が読めない)という言葉。そもそも場の空気を読むというのは、端的にいえば相手をよく知ること。全体の雰囲気を把握し自らの役 …

値切る

フリマなどでの値切りのテクニック

大阪のおばちゃんに学ぶフリマなどでの値切りのテクニック 海外旅行先では一生懸命値切るのに、国内のスーパーマーケットやコンビニでは価格交渉の余地がなく、ある種「値切りベタ」な日本人。交渉すれば値切れるの …

人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方

精神科の先生が教える 人格障害(ボーダー)の患者さんとの接し方 一般的に境界性人格障害(ボーダー)と呼ばれている病気。 人格障害というと語弊があるので、現在、正式には境界性パーソナリティ障害と呼ばれて …

部下と上司

部下を育てる上手なしかり方のポイント

カリスマ経営者に学ぶ部下を育てる上手なしかり方のポイント かつての大経営者は怒るときは本当に恐かったが、厳しくしかった後で気遣いのフォローを入れ「あいつは見込みがあるからお灸を据えた」と第三者を介して …