暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

人付き合い編

部下を育てる上手なしかり方のポイント

投稿日:

部下と上司
カリスマ経営者に学ぶ
部下を育てる上手なしかり方のポイント

かつての大経営者は怒るときは本当に恐かったが、厳しくしかった後で気遣いのフォローを入れ「あいつは見込みがあるからお灸を据えた」と第三者を介して本人に伝え、社員は感激。
一生ついていこうと決心したとか。

松下幸之助、市村清、土光敏夫、坪内寿夫らの下で長らく働いた従業員は、怒られたことを今もいい思い出として懐かしむ。

そもそも「怒る」と違って「しかる」は反省を促し向上を願うもの。部下のミスを指摘したうえで成長させられるしかリ方をするには、厳しさと思いやりをバランスよく伝える表現力を持つこと。

ミスの原因を尋ねるのは客観性を待った「当てる声」、改善策を考えさせるのはイメージを広げる「超える声」、実行を約束させるのは「当てる声」、さらに励ましや期待を伝えるなら「超える声」で、と使い分ける。

ただし、当てる声に感情を込めると相手は不快になるので要注意だ。

PS.ほめるときは他の従業員の前で、しかるときは1対1で、プライドに配慮するのが鉄則。

-人付き合い編
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聞き上手になるためのポイント

心理カウンセラーに学ぶ 聞き上手になるためのポイント 質問したのによく聞きもせず話題を変えるのはNG。まず答えをちゃんと聞くのが礼儀! 人望のある人は「聞き上手」な人が圧倒的に多く、話を聞いてもらおう …

会話術

初対面でも相手を飽きさせない会話術

ホステスに学ぶ初対面でも相手を飽きさせない会話術  見ず知らずの、しかも世代も違うおじさん相手に談笑する夜の蝶、ホステスたち。その会話術はあなどれない。気難しい人や相性の合わない人と、たとえ初対面でも …

褒める教員

長所を伸ばす上手なほめ方の秘訣

べテラン教員が教える長所を伸ばす上手なほめ方の秘訣  有名な山本五十六氏の言葉に「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」という名言がある。 あの連合艦隊司令長官をもってし …

字を上手に

字がうまく見える書き方のコツ

ペン字教室の先生に聞いた字がうまく見える書き方のコツ  携帯メールやパソコン全盛の時代ではあるけれど、ペン字や書道などの習い事人気は高い。というのも年賀状に暑中見舞い、手紙の宛名や各種文書など、直筆で …

合コン成功

合コンを成功させるちょっとしたコツ

合コン大好き人間に学ぶ合コンを成功させるちょっとしたコツ  婚活ブームの昨今だが、その前の出会いの場としてまだまだ人気なのが「合コン」だ。合コンで多くの結果を出してきた合コン大好き人間によれば、知り合 …