足をきれいに見せる座り方、歩き方

美脚 ボディケア編

美脚

モデルに聞く
足をきれいに見せる座り方、歩き方

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。という言葉は、美しい女性を表現したものだが、顔やスタイルだけではなく、動作の美しさでもある。座り方や歩き方が美しい人は、それだけで魅力的。そこで、きれいに見せる座り方、歩き方を紹介。

女性の場合、椅子に座るときは膝頭が開かないようにするのがポイント。足を左右どちらか少し斜めにすると、膝が開かず、女性らしさも演出できる。

さらに足首を流れに沿った方向に向けると、足が細く長く見える。男性の場合は、膝の間に挙が入るくらいの隙開かあっでもOK。全体的に自然な感じを心がけよう。

歩くときの基本は、まっすぐ立つこと。真上に引っ張られるようなイメージで体を伸ばし、肩の力を抜いて、あごを引く。

姿勢を作ったら、そのまま背中をポンと押されたイメージで歩き始める。背筋はまっすぐ、膝をあまりまげないのがコツだ。

タイトルとURLをコピーしました