愛車をなるべく長持ちさせるコツ

愛車を長持ちさせる方法 日常生活編

愛車を長持ちさせる方法

カーディーラーに聞く 愛車をなるべく長持ちさせるコツ

新車を買ったら、まずは慣らし運転をして、オイル交換もマメにするように心がけましょう。

基本事項として、エンジンを掛けてすぐ発進するのではなく、少しエンジンを暖めてから発進する暖機運転を行いましょう。
特に寒い冬の朝などは、1分間エンジンを暖めるだけでもまったく違うそうです。

どうしても急ぐ場合でも、極力エンジンの回転を上げないように走るなど、クルマをできるだけいたわっていきましょう。

また、夜間走行では信号待ちの際に節約だと思ってライトをスモールにしたり、オフにしたりする人も多いようですが、実は小刻みなオン・オフはランプの寿命を短くするので逆効果のようです。

さらに、オートマ車の場合、停止するたびにシフトをN(ニュートラル)にするクセのある人がいますが、これもやめたほうがいいでしょう。ニュートラルにすると、空ぶかしをすることがあり、その状態で青信号に変わって、ソフトをDレンジに入れて発進させたら、クルマにかなり負担をかけてしまうとのこと。

まとめ

  • マメにオイル交換をする
  • 暖機運転を心がける。寒い日は特に。
  • エンジンの回転数を上げ過ぎないようにする
  • ライトのON・OFFを小刻みにしない
  • オートマ車は停止の際もDレンジのままで

  

タイトルとURLをコピーしました