自転車のサビを取り除く意外な裏技

自転車のサビ 日常生活編

自転車のサビ

自転車屋に聞く
自転車のサビを取り除く裏技

自転車をはじめ、金属製品についたサビは、市販のサビ取り剤を使っても落とせますが、実は簡単にサビを落とす裏技があるんです。
それには意外なアイテムが必要です。

実は「木工用ボンド」を使うのです。

サビの部分にボンドをしっかり塗り、乾燥するまでしばらく待ちます。
白いボンドが透明になるまで放置しておくのがポイント。
あとはゆっくり剥がすだけです。

ボンドがガサガサしたサビにひっかかり、スッキリするほどキレイにサビ取りができます。

サビだ部分をさわってみて、凸凹の差がはっきりわかるほど取りやすいです。
あまりぎっしりとサビている場合は取れにくいこともあります。

確かに手軽な方法には違いないのですが、お店によれば、ボディがサビているようでは、ほかの部品も傷んでいる可能性が高いとのこと。

安全性を考えても、普段の手入れをしっかりしておくことが望ましいですね。
  

タイトルとURLをコピーしました