山登りでの上手なパッキングのコツ

登山時の荷物の入れ方 日常生活編

登山時の荷物の入れ方

アウトドアライターに聞く
山登りでの上手なパッキングのコツ

ハイキングや山登りでは、たくさんの荷物をリュックに詰めることになりますね。
安全で快適な山登りのために、どのようなコツがあるのでしょうか?

基本的なコツとしては、まず着替えの衣類などは下部に収納します。
そして重い物をショルダーベルト上の付け根の部分あたりに収納するようにしましょう。当然ですが、背中に当たる部分には硬い物やとがった物は入れないようにします。
小物類や日用品は小さなポーチなどにまとめて入れておいたほうが扱いやすいです。

また、取り出す時も考慮して、コンパスや地図など頻繁に使うアイテムは、ウエストポーチや着衣のポケットなど、取り出しやすい場所に入れます。

リュックのサイドポケットも取り出しやすい場所ですが、抜け落ちる危険もあるので、モノによってはリュックのストラップ部分などにしばリ付けるなどの工夫もあるといいでしょう。

出発前には荷物の点検はもちろんですが、体の手入れもお忘れなく。
体調管理はもちろん、手足の爪を短く切ったり、靴擦れの心配があればテーピングするなど、準備は怠りないようにしましょう。
  

タイトルとURLをコピーしました