船酔いしないコツ

船酔い ピンチ克服術

船酔い
猟師にきく
船酔いしないためのちょっとしたコツ

船酔いほどツライものはない。乗り物酔いのなかでも、波による揺れによって平衡感覚が狂って起こるめまいや吐き気は・胃がひっくリ返るような気持ち悪さ。
なのに、漁師が常にケロリとしているのはなぜか?

実は漁師は長年の慣れで船酔いをひどくしない体の動かし方を身に付けている。たとえば、運転手や船頭は酔わないのに乗客が酔いやすいのは、車や船の傾きと操縦者が同調しているから。

つまり、

①体をまっすぐにし頭を揺らさない姿勢をとる。
②その姿勢で揺れを感じ取り、揺れに逆らわない最小限の動きをする。
③視線は遠くにやり、
④呼吸が浅くならないよう深く大きく呼吸し、
⑤ゆったりした服装で身体を締め付けない

のがコツ。

睡眠を十分とり、満腹・空腹を避け、薬を飲み、寝るのも大事だ。が、立って酔わないためには場数を踏むこと。体が無意識に揺れに反応するようになってくればホンモノだ。

タイトルとURLをコピーしました