結婚パーティの司会をこなすコツ

結婚式の司会 人付き合い編

結婚式の司会

プロ司会者に聞く 結婚パーティの司会をこなすコツ

パーティ形式の披露宴では、司会者をプロではなくて、友人などに頼むケースも多いですよね。

そこで、もし司会を頼まれた場合の心構えとコツをお伝えします。

司会前日までの練習

①まず台本を作って、何度も練習して本番に備えましょう。
②録音して自分で聞いてみることです。
早口過ぎる、口癖があるなど、自分の欠点が客観的にわかるはずです。

本番直前の心がけ

③開宴前に各テーブルを回り、「司会のOOです。本日は宜しくお
願い致します」と挨拶しておくのも落ち着けます。

④開宴前の緊張をやわらげるために深呼吸をしましょう。
口から息を吐き、肺を空っぽにしてから鼻で吸います。
これを5回ほど繰り返せばリラックスできます。

その他の心がけ

しやベるスピードはニュースを読むアナウンサーくらいが目安です。
早過ぎても遅すぎてもいけません。

発声では素人の場合「カ行」「サ行」「タ行」が曖昧に聞こえがちなので、それぞれの子音を意識して発音しましょう。

また、主役と関係ない話や暴露話、自身のPRなどがタブーなのも最低限のマナーと心得たいですね。

上記を参考に練習し、飾らない心地よい司会を心がけて実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました