暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

ピンチ克服術

高いところでも高所恐怖症にならない秘訣

投稿日:2013年12月30日 更新日:

とび職
とび職人に聞く、高いところでも高所恐怖症にならない秘訣

とび職人の会社によると、意外なことに「特にとびのための訓練はしない」らしい。見習いで地上作業に就き3年もすれば自然と高所作業を覚え、技能講習に合格したら高所でも働ける。つまり、自然と高い所に慣れる日々がとび職への道。安全対策・安全施設への信頼感や、二日酔いや心配事のある人を現場作業から外す点なども見逃せない。


そんなとび職人も、実は下を見ると怖いため下は見ない。もし鉄骨の上を歩くなら立ち位置から進行方向lm先しか見ず、なるべく視界を広げず作業に集中するのがコツ。足がすくみ、体が硬直して動けなくなっだ場合でも、例えば手すりをつかむ手の感覚に目を向けると恐怖にのみこまれにくくなるという。

ちなみに、高所作業時は、足元は生ゴム底の地下足袋、ヤッケはかぶり、ズボンの裾は脚絆、太腿は自分の太さの倍寸、ベルトは道具用と命綱用で2本着用するのが基本だ。

ちなみにダブダブズボンは障害物のセンサー代わり。でも高所作業には向かないみたい…

-ピンチ克服術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インクのシミとり

服に付いたインクのシミが取れない時

何かのはずみで、ペンのインクが衣服に付いてしまった。。 洗濯すれば、とれるかなと思って甘く見ていたのですが・・・ 洗濯してもほとんどインクが消えない、なんてこと、ありませんか? 場合によっては普通のク …

ハイヒールかかと

ハイヒールのかかとが取れたときの直し方

靴屋さんに聞く ハイヒールのかかとが取れたときの直し方 自分で簡単に直すことができるなら、修理代の節約にもなって家計が助かる。 町を歩いていて、ちょっとした隙間にヒールがはまってしまい、ポロッと取れて …

銃の乱射

海外で銃乱射に巻き込まれたとき

特派員に聞いた海外で銃乱射に巻き込まれたときの身構え方 銃のない社会に生きる日本人に、銃撃戦や銃乱射はまず無縁。それだけに海外からときおリ飛び込んでくる銃乱射や銃撃戦のニユースは恐怖そのもの。日本人記 …

船酔い

船酔いしないコツ

猟師にきく 船酔いしないためのちょっとしたコツ 船酔いほどツライものはない。乗り物酔いのなかでも、波による揺れによって平衡感覚が狂って起こるめまいや吐き気は・胃がひっくリ返るような気持ち悪さ。 なのに …

ズボンひざ

ズボンの膝が出てしまったときの直し方

クリーニング屋さんに聞く ズボンの膝(ひざ)が出てしまったときの直し方 高価な素材のズボンでも、膝がポコッと出てしまっていると、だらしない印象を与えてしまいますよね。しかし、長いことはいているとこれも …