暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

ピンチ克服術

高いところでも高所恐怖症にならない秘訣

投稿日:2013年12月30日 更新日:

とび職
とび職人に聞く、高いところでも高所恐怖症にならない秘訣

とび職人の会社によると、意外なことに「特にとびのための訓練はしない」らしい。見習いで地上作業に就き3年もすれば自然と高所作業を覚え、技能講習に合格したら高所でも働ける。つまり、自然と高い所に慣れる日々がとび職への道。安全対策・安全施設への信頼感や、二日酔いや心配事のある人を現場作業から外す点なども見逃せない。


そんなとび職人も、実は下を見ると怖いため下は見ない。もし鉄骨の上を歩くなら立ち位置から進行方向lm先しか見ず、なるべく視界を広げず作業に集中するのがコツ。足がすくみ、体が硬直して動けなくなっだ場合でも、例えば手すりをつかむ手の感覚に目を向けると恐怖にのみこまれにくくなるという。

ちなみに、高所作業時は、足元は生ゴム底の地下足袋、ヤッケはかぶり、ズボンの裾は脚絆、太腿は自分の太さの倍寸、ベルトは道具用と命綱用で2本着用するのが基本だ。

ちなみにダブダブズボンは障害物のセンサー代わり。でも高所作業には向かないみたい…

-ピンチ克服術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

咳

どうしても咳を抑えたいときの方法

劇場案内係に聞いた どうしても咳を抑えたいときの方法 あくびとともに制御したい生理的現象の1つが「咳」。映画館などの静かな場所で仕事する人にとってはもちろん、ビジネスマンも会議中で咳をするのは肩身が狭 …

縮んでしまった衣類の伸ばし方

天然素材の衣類を洗濯したら、繊維が縮(ちぢ)んでしまってサイズが小さくなってしまった・・・、なんてこと、ありますよね。 サイズが小さくなってしまったから、仕方ないけど捨ててしまおう、なんて思われるかも …

あくびを止める方法

あくびを止める方法

あくびを止める瞬間技 あくびは眠たい時、過度に疲れている時。 退屈な時、極度の緊張時、よく寝た寝起きなどに出やすいが、人前であくびをするのは慎みを欠く行為なのはご存じのとおり。 ビジネスマンにとっても …

高山病にならない方法

山登りで高山病にならないコツ

登山家に学ぶ 山登りで高山病にならないコツ 高山病は気圧が低く、酸素が薄い環境に順応できず、頭痛や目眩(めまい)、吐き気などを起こすものです。 2000m以下の山でもかかることがあるので注意したいです …

ズボンひざ

ズボンの膝が出てしまったときの直し方

クリーニング屋さんに聞く ズボンの膝(ひざ)が出てしまったときの直し方 高価な素材のズボンでも、膝がポコッと出てしまっていると、だらしない印象を与えてしまいますよね。しかし、長いことはいているとこれも …