ご飯を短時間で炊く方法

ご飯を早く炊く 料理編

ご飯を早く炊く

定食屋さんも実践する
ご飯を短時間で炊く方法

ご飯を食べようと思ったら、炊くのを忘れていた!
なんて経験、ありませんか?

そんなときはあわてずにお湯を使って炊けばOK

通常は炊飯器に水を張って炊きますが、水の代わりにお湯を入れればいいのです。

お湯の方が米の水分吸収が早く、水を沸騰させる時間も短縮されて早く炊ぎあがるというわけです。

ただし、熱湯はNGです。
すぐに沸騰してしまい、米の吸水時間が短くなって芯が残ってしまいます。ぬるま湯を使うようにしましょう。

また、うっかり水加減を間違えてご飯が柔らかすぎてしまった、なんてこともあるかもしれません。

そんな時は、お皿にご飯を広げてラップをかけずに電子レンジで加熱して水分を飛ばすといいです。

すぐに食べないなら、炊飯器のスイッチをもう一度入れて再加熱し、十分に蒸らすとふっくら仕上がります。

逆に芯が残った固いご飯は、日本酒を少々ふりかけて、もう一度炊飯器のスイッチを入れます。

ご飯3合に酒大さじ1杯程度が目安です。

最近はデジタルで高機能な炊飯器も多いですが、こんなアナログテクも知っておくと便利ですよね。

タイトルとURLをコピーしました