暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

古米を新米のようにおいしく炊く方法

投稿日:2018年7月10日 更新日:

古米を新米のようにおいしく炊く方法

定食屋さんに聞く
古米を新米のようにおいしく炊く方法

値段の高いブランド米でも、古くなってしまえば当然味も落ちます。
逆にノンブランドでも、新米でしかも精米したでのお米なら、ブランド米よりおいしいといわれています。それほどお米の鮮度は重要です。

できれば、2週間くらいで食べきれる量のお米を買って、つねにおいしいご飯を食べたいものですが、それもなかなか難しいです。

そこで、古米を新米のようにおいしく炊くコツを伝授します。

古米がまずいと感じるのは、炊きあがったご飯に甘みがなく、見た目もパサパサしてつやがないからです。ですから、それを解消してあげればよいのです。

よくある方法としては、甘みを出すために米3合に対して大さじ1杯の蜂蜜を入れて炊きます。あるいは、蜂蜜の代わりに砂糖と酒小さじ1~2杯を加えて炊くと、ふっくらと甘みのあるご飯になります。

そのほかにも、サラダ油、みりん、もち米などをそれぞれ加えて炊く方法もあります。

美味しいごはんは食生活の基本。
是非試してみてください。

-料理編
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ハンバーグの焼き方

ハンバーグの中まで火を通すコツ

洋食屋さんに聞く ハンバーグの中まで火を通すコツ 家でハンバーグを作ると、外側は焼きすぎでカリカリ、でも中は赤身が残って生焼け、なんてこと、ありませんか? オーブンで中まで火を通すというやリ方もありま …

味付けの調整

醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術

料理研究家に聞く 醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術 味が薄かったら、調味料を加えて濃くすれば済みますが、逆に醤油や塩などを入れすぎて味が濃くなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか? と …

ビスケット

ビスケットやクッキーのサクサク感を保つ方法

焼き菓子専門店に聞く ビスケットやクッキーのサクサク感を保つには サクサク感のないビスケットやクッキーなんて……。 昔やっていた某クリープのCMではありませんが、サクサク感がなくなってしんなりしてしま …

メレンゲを上手く作るコツ

メレンゲを手早く作るコツ

ケーキ屋さんに聞く 手間のかかるメレンゲを手早く作るコツ ケ一キ作りの基本となるメレンゲを作るのは大変です。 なかなか泡立たないし、一生懸命かき混ぜる必要があるので腕が疲れてしまいますね。 そこで、少 …

包丁を長持ちさせる

包丁を長持ちさせる簡単テクニック

料理人に学ぶ 包丁を長持ちさせる簡単テクニック 包丁を長持ちさせるには、定期的に研ぐことが望ましいのですが、素人には難しいし、かといって専門業者に頼むと高い料金を取られてしまうので頻繁には頼めませんよ …