暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

パスタを上手にゆでるコツ

投稿日:2018年7月13日 更新日:

パスタを上手にゆでるコツ

イタリアンレストランのシェフに聞く
パスタを上手にゆでるコツ

アルデンテという言葉をご存じですか?
イタリア語で「歯応えのある」という意味で、パスタの理想的なゆで上がりの状態を表す言葉です。

スパゲティなら麺を完全にゆで上げず、麺の中心部にわずかに芯を残してゆで上げるのが理想です。

スパゲティを例に、ゆで方のコツを確認しましょう。

①まず大きめの鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら塩を加えます。
水の量はパスタ100gに対して約1リットル、塩は水1リットルに対して5~10gが目安です。

②沸騰した湯に、スパゲティを入れ、麺同士がくっつかないようにときどきかき混ぜます。

③火加減は吹きこぼれない程度の強火で、包装の袋に書いてあるゆで時間より早めにゆで具合をチェックします。

④1本食べてみて、中心に髪の毛ほどの芯が残っているくらいになったら素早くザルに上げます。
多少堅めでも余熱で仕上がるので心配ありません。

あえるソースも、スパゲティがゆで上がるのと同時にできるように準備しておき、すぐに食べるのがおいしさの秘訣です。

 

 

-料理編
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ビスケット

ビスケットやクッキーのサクサク感を保つ方法

焼き菓子専門店に聞く ビスケットやクッキーのサクサク感を保つには サクサク感のないビスケットやクッキーなんて……。 昔やっていた某クリープのCMではありませんが、サクサク感がなくなってしんなりしてしま …

ご飯を早く炊く

ご飯を短時間で炊く方法

定食屋さんも実践する ご飯を短時間で炊く方法 ご飯を食べようと思ったら、炊くのを忘れていた! なんて経験、ありませんか? そんなときはあわてずにお湯を使って炊けばOK。 通常は炊飯器に水を張って炊きま …

鍋具材の煮る順番

鍋をおいしくする煮る順番

割烹の親父さんに聞く 鍋をおいしくする煮る順番 冬に欠かせない料理といえば鍋ですね。 基本的に材料を切って入れるだけなので、料理が苦手な人でも重宝するメニューです。 とはいえ、何でも入れてしまえばいい …

牛肉を柔らかく

安い牛肉をやわらかく焼く方法

料理研究家が教える 安い輸入牛肉をやわらかく焼く方法 ステーキにするなら、霜降りのとろけるような牛肉があればいうことなしですね。 しかし、霜降りの国産牛は値段が高く、どうしても安い輸入牛肉で我慢となり …

やわらかパン

かたくなったパンやチーズを復活させる方法

パン屋さんに聞く かたくなったパンやチーズを復活させる方法 パンやチーズは、一度開封してそのまま放置しておくと、どんどんかたくなってしまいます。 捨てるには忍びないし、なんとか復活させる方法はないもの …