暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

包丁を長持ちさせる簡単テクニック

投稿日:2018年12月15日 更新日:

包丁を長持ちさせる

料理人に学ぶ
包丁を長持ちさせる簡単テクニック

包丁を長持ちさせるには、定期的に研ぐことが望ましいのですが、素人には難しいし、かといって専門業者に頼むと高い料金を取られてしまうので頻繁には頼めませんよね。

そこで包丁を長持ちさせるコツを紹介します。

まず雑菌の繁殖を防ぎ、サビを防止するのが第一です。

雑菌は熱に弱いから、使用後に刃を熱湯に浸して木綿のふきんに包んでしまうことで、雑菌を根絶してサビ防止ができます。

また、切れ味を保つには、大根やニンジンのしっぽなど、野菜の固い部分にクレンザーをつけて刃を磨くだけでも効果があります。

また、ふだんあまり使わない包丁のケアも大切です。

包丁を保管する場合、刃にサラダオイルを塗り、空気にふれないようにラップで包んでおくことをオススメします。

コーヒーかすにも程よい油分が含まれているので、天日干ししてよく
乾燥させたコーヒーかすの中に刃を埋めるようにして保管するという方法もあります。

近年では、錆びにくい包丁や簡単な研ぎ器も増えてきました。
それらを活用しつつも、物を大切にする心は研ぎ澄ませておきたいですね。
  

-料理編
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

せんべい

湿気たせんべいをパリパリに戻す方法

せんべい屋さんに聞く 湿気ちゃったせんべいをパリパリに戻す方法 最近は濡れせんべいなんてものもあって、せんべいの種類も豊富になってきましたね。 でも、せんべいはやっぱり、パリパリと大きな音を立てて食べ …

パスタを上手にゆでるコツ

パスタを上手にゆでるコツ

イタリアンレストランのシェフに聞く パスタを上手にゆでるコツ アルデンテという言葉をご存じですか? イタリア語で「歯応えのある」という意味で、パスタの理想的なゆで上がりの状態を表す言葉です。 スパゲテ …

鍋を長持ちさせる

鍋を長持ちさせる裏技

カリスマ主婦に聞く 鍋を長持ちさせる素材別の裏技 アルミ鍋を長持ちさせるコツ アルミ鍋は何にでも使えて便利ですね。 しかし、使い込むと黒ずんでくるのが難点です。 この黒ずみを遅らせるコツとしては、鍋を …

味付けの調整

醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術

料理研究家に聞く 醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術 味が薄かったら、調味料を加えて濃くすれば済みますが、逆に醤油や塩などを入れすぎて味が濃くなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか? と …

おいしい出汁の取り方

おいしい出汁の取り方

割烹の親父さんに聞く おいしい出汁の取り方 日本料理の味の基本ともなる出汁。 しかしながら、ひと口に出汁といっても、かつお出汁、煮干出汁、昆布出汁など、いろいろあって素人には難しいですね。 最近は簡単 …