ハンバーグの中まで火を通すコツ

ハンバーグの焼き方 料理編

ハンバーグの焼き方

洋食屋さんに聞く
ハンバーグの中まで火を通すコツ

家でハンバーグを作ると、外側は焼きすぎでカリカリ、でも中は赤身が残って生焼け、なんてこと、ありませんか?

オーブンで中まで火を通すというやリ方もありますが、フライパンだけを使って作るなら、やはり蒸し焼きにする方法が失敗もなく簡単です。

① 肉汁の流出を防ぎ、ジューシーに仕上げるためにハンバーグに小麦粉を薄くまぶしておきます。
② ハンバーグのタネが出来たら、焼く前に真ん中を凹ませておきます。
③ フライパンを熱してサラダ油をひき、ハンバーグを入れて中火で両面に焼き色をつけます。
④ ハンバーグの厚みの半分くらいまでお湯を注ぎフタをして中火で蒸し焼きにします。
⑤ 水が少なくなってきたらフタを開け、竹串をさして肉汁が透明になっていたらOK。
⑥ フタをとって、強火で水分を飛ばし、さらに両面をカリッと焼いて出来上がりです。

美味しい自家製ハンバーグで、家族の笑顔を増やしてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました