暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

ハンバーグの中まで火を通すコツ

投稿日:2018年7月28日 更新日:

ハンバーグの焼き方

洋食屋さんに聞く
ハンバーグの中まで火を通すコツ

家でハンバーグを作ると、外側は焼きすぎでカリカリ、でも中は赤身が残って生焼け、なんてこと、ありませんか?

オーブンで中まで火を通すというやリ方もありますが、フライパンだけを使って作るなら、やはり蒸し焼きにする方法が失敗もなく簡単です。

① 肉汁の流出を防ぎ、ジューシーに仕上げるためにハンバーグに小麦粉を薄くまぶしておきます。
② ハンバーグのタネが出来たら、焼く前に真ん中を凹ませておきます。
③ フライパンを熱してサラダ油をひき、ハンバーグを入れて中火で両面に焼き色をつけます。
④ ハンバーグの厚みの半分くらいまでお湯を注ぎフタをして中火で蒸し焼きにします。
⑤ 水が少なくなってきたらフタを開け、竹串をさして肉汁が透明になっていたらOK。
⑥ フタをとって、強火で水分を飛ばし、さらに両面をカリッと焼いて出来上がりです。

美味しい自家製ハンバーグで、家族の笑顔を増やしてみませんか?

-料理編
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

パスタを上手にゆでるコツ

パスタを上手にゆでるコツ

イタリアンレストランのシェフに聞く パスタを上手にゆでるコツ アルデンテという言葉をご存じですか? イタリア語で「歯応えのある」という意味で、パスタの理想的なゆで上がりの状態を表す言葉です。 スパゲテ …

牛肉を柔らかく

安い牛肉をやわらかく焼く方法

料理研究家が教える 安い輸入牛肉をやわらかく焼く方法 ステーキにするなら、霜降りのとろけるような牛肉があればいうことなしですね。 しかし、霜降りの国産牛は値段が高く、どうしても安い輸入牛肉で我慢となり …

古米を新米のようにおいしく炊く方法

古米を新米のようにおいしく炊く方法

定食屋さんに聞く 古米を新米のようにおいしく炊く方法 値段の高いブランド米でも、古くなってしまえば当然味も落ちます。 逆にノンブランドでも、新米でしかも精米したでのお米なら、ブランド米よりおいしいとい …

せんべい

湿気たせんべいをパリパリに戻す方法

せんべい屋さんに聞く 湿気ちゃったせんべいをパリパリに戻す方法 最近は濡れせんべいなんてものもあって、せんべいの種類も豊富になってきましたね。 でも、せんべいはやっぱり、パリパリと大きな音を立てて食べ …

味付けの調整

醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術

料理研究家に聞く 醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術 味が薄かったら、調味料を加えて濃くすれば済みますが、逆に醤油や塩などを入れすぎて味が濃くなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか? と …