暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

ハンバーグの中まで火を通すコツ

投稿日:2018年7月28日 更新日:

ハンバーグの焼き方

洋食屋さんに聞く
ハンバーグの中まで火を通すコツ

家でハンバーグを作ると、外側は焼きすぎでカリカリ、でも中は赤身が残って生焼け、なんてこと、ありませんか?

オーブンで中まで火を通すというやリ方もありますが、フライパンだけを使って作るなら、やはり蒸し焼きにする方法が失敗もなく簡単です。

① 肉汁の流出を防ぎ、ジューシーに仕上げるためにハンバーグに小麦粉を薄くまぶしておきます。
② ハンバーグのタネが出来たら、焼く前に真ん中を凹ませておきます。
③ フライパンを熱してサラダ油をひき、ハンバーグを入れて中火で両面に焼き色をつけます。
④ ハンバーグの厚みの半分くらいまでお湯を注ぎフタをして中火で蒸し焼きにします。
⑤ 水が少なくなってきたらフタを開け、竹串をさして肉汁が透明になっていたらOK。
⑥ フタをとって、強火で水分を飛ばし、さらに両面をカリッと焼いて出来上がりです。

美味しい自家製ハンバーグで、家族の笑顔を増やしてみませんか?

-料理編
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

おいしい焼き鳥のタレの作り方

美味しい焼き鳥のタレの作り方

焼き鳥屋さんに聞く 秘伝のタレの味に近づけるには 旨い焼き鳥屋の魅力は、なんといっても秘伝のタレ。 焼き鳥は塩という人もいますが、あの独特の甘みとトロみが好きだというタレ派も多いですよね。 いくら素材 …

牛肉を柔らかく

安い牛肉をやわらかく焼く方法

料理研究家が教える 安い輸入牛肉をやわらかく焼く方法 ステーキにするなら、霜降りのとろけるような牛肉があればいうことなしですね。 しかし、霜降りの国産牛は値段が高く、どうしても安い輸入牛肉で我慢となり …

パスタを上手にゆでるコツ

パスタを上手にゆでるコツ

イタリアンレストランのシェフに聞く パスタを上手にゆでるコツ アルデンテという言葉をご存じですか? イタリア語で「歯応えのある」という意味で、パスタの理想的なゆで上がりの状態を表す言葉です。 スパゲテ …

ミネラルウォーター

料理で使うミネラルウォーターの正しい使い分け

飲料だけでなく料理で使う場合の ミネラルウォーターの使い分け いまや水も買う時代。 世の中にはさまざまなミネラルウォーターが出回っていて、水とはいえそれぞれ特徴があって、効能も違います。 最近は料理に …

ビスケット

ビスケットやクッキーのサクサク感を保つ方法

焼き菓子専門店に聞く ビスケットやクッキーのサクサク感を保つには サクサク感のないビスケットやクッキーなんて……。 昔やっていた某クリープのCMではありませんが、サクサク感がなくなってしんなりしてしま …