暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

長持ちさせる野菜の保存方法

投稿日:2018年8月5日 更新日:

野菜の保存の仕方

八百屋さんに聞く
野菜をムダにしない新鮮保存法

冷蔵庫の隅でしなびた野菜を発見してがっかり。。
なんてことにならないように、野菜を長持ちさせる方法を覚えておきましょう。

野菜は水分が失われないようにすることがポイントですが、野菜の特性によって保存方法が違うので要注意です。

○ホウレンソウやコマツナ:湿らせた新聞紙にくるんでポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存。
○キャベツやレタス:芯をくリ抜いて、濡れた脱脂綿かペーパータ
オルを詰め、ビニール袋に入れて冷蔵。
○大根:葉を切り落としてから新聞紙にくるんで冷蔵庫へ。
○ナス:低温に弱いので野菜専用の袋に入れて冷蔵庫で保存。
○サツマイモ:同じく低温に弱いので冷蔵庫に入れるのは禁物。
○ジャガイモ:常温で保存のききます。リンゴと一緒に入れておくと発芽を抑えることができます。
○ブロッコリー:傷みが早いのでは茄でて冷凍。

近年ではかなり優れた野菜保存専用の袋もあるので上記の方法と合わせて利用してみるのもオススメです。
各野菜の保存方法を覚えておくとムダにすることも減りますね。

 

-料理編
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

せんべい

湿気たせんべいをパリパリに戻す方法

せんべい屋さんに聞く 湿気ちゃったせんべいをパリパリに戻す方法 最近は濡れせんべいなんてものもあって、せんべいの種類も豊富になってきましたね。 でも、せんべいはやっぱり、パリパリと大きな音を立てて食べ …

メレンゲを上手く作るコツ

メレンゲを手早く作るコツ

ケーキ屋さんに聞く 手間のかかるメレンゲを手早く作るコツ ケ一キ作りの基本となるメレンゲを作るのは大変です。 なかなか泡立たないし、一生懸命かき混ぜる必要があるので腕が疲れてしまいますね。 そこで、少 …

味付けの調整

醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術

料理研究家に聞く 醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術 味が薄かったら、調味料を加えて濃くすれば済みますが、逆に醤油や塩などを入れすぎて味が濃くなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか? と …

玉ねぎ しみない

目に沁みないタマネギの切り方

定食屋さんに聞く タマネギを切るときに涙を流さないで切る方法 なぜ、タマネギを切ると涙が出るかというと、タマネギに含まれる硫化アリルと呼ばれる成分が原因です。 この硫化アリルが気化して空気中に発散され …

牛肉を柔らかく

安い牛肉をやわらかく焼く方法

料理研究家が教える 安い輸入牛肉をやわらかく焼く方法 ステーキにするなら、霜降りのとろけるような牛肉があればいうことなしですね。 しかし、霜降りの国産牛は値段が高く、どうしても安い輸入牛肉で我慢となり …