暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術

投稿日:2018年10月1日 更新日:

味付けの調整

料理研究家に聞く
醤油や塩を入れすぎてしまったときの回避術

味が薄かったら、調味料を加えて濃くすれば済みますが、逆に醤油や塩などを入れすぎて味が濃くなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?

とくに煮物などの場合、水で薄めるだけではせっかくの旨みが失われてしまいそうですよね・・。

一般的によく聞くのが、味が染み込み安い食材を加える方法。たとえばジャガイモや豆腐、麩などを入れると、調味料を吸収してくれるので、味が直しやすくなります。

また、それほど深刻な濃さでなければ、小さじ1杯程度の酢を加えると塩気がまろやかになります。

これが難しかったら、多少手間かもしれませんが、作った煮汁を素(もと)にして、改めて味つけをするのがいいでしょう。

まず、鍋に煮汁を少しだけ残して、材料と残りの煮汁を一度ほかの器に取り出します。
鍋の煮汁をいったん水で薄めて、材料だけを戻して、味を見ながら味つけをし直します。

取り分けたはじめの煮汁はとっておいて、ほかで利用するといいでしょう。

料理は味付けで大きく変わるもの。常に最適な味付け調整を心がけていきたいですね。

-料理編
-, , , ,

執筆者:

関連記事

牛肉を柔らかく

安い牛肉をやわらかく焼く方法

料理研究家が教える 安い輸入牛肉をやわらかく焼く方法 ステーキにするなら、霜降りのとろけるような牛肉があればいうことなしですね。 しかし、霜降りの国産牛は値段が高く、どうしても安い輸入牛肉で我慢となり …

包丁を長持ちさせる

包丁を長持ちさせる簡単テクニック

料理人に学ぶ 包丁を長持ちさせる簡単テクニック 包丁を長持ちさせるには、定期的に研ぐことが望ましいのですが、素人には難しいし、かといって専門業者に頼むと高い料金を取られてしまうので頻繁には頼めませんよ …

ワインの抜栓

ワインのコルク栓をスマートに抜く方法

ソムリエに聞く ワインのかっこいい抜栓テクニック ワイン通を気取って、彼女の前でかっこよく栓を抜こうと思ったらコルクがちぎれてしまった!  そんな恥ずかしい思いをしないように、スマートな抜栓の仕方を覚 …

古米を新米のようにおいしく炊く方法

古米を新米のようにおいしく炊く方法

定食屋さんに聞く 古米を新米のようにおいしく炊く方法 値段の高いブランド米でも、古くなってしまえば当然味も落ちます。 逆にノンブランドでも、新米でしかも精米したでのお米なら、ブランド米よりおいしいとい …

ご飯を早く炊く

ご飯を短時間で炊く方法

定食屋さんも実践する ご飯を短時間で炊く方法 ご飯を食べようと思ったら、炊くのを忘れていた! なんて経験、ありませんか? そんなときはあわてずにお湯を使って炊けばOK。 通常は炊飯器に水を張って炊きま …