暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

新鮮な魚介類の見分け方

投稿日:2018年8月10日 更新日:

新鮮な魚介類

魚屋さんに聞く
新鮮な魚介類の見分け方

生はもちろん、焼いたり、煮たり、さまざまな食べ方が楽しめる魚介類。最近ではシーフードと言った方がオシャレでしょうかね。

旬によっておいしさも違ってきますが、普段魚介類を選ぶときにもっとも大事なのがやはり鮮度でしょう。

イキのいい魚介類の見分け方

○魚:体に張りがあってピンとしている、色が鮮やかで光沢がある、目が盛り上かって黒く澄んでいる、ウロコがきれいについている。

○魚の切り身:身に張りがあって透明感がある、切り口が滑らか、変色していない、トレーに血汁が出ていない。

○貝類(アサリやハマグリ):殼をかたく閉じている、殼の模様がはっきりしていてツヤがある、貝と貝を打ち合わせると澄んだ高い音が出る、アサリは黒っぽくて色が濃い。

また、全体として、日付けや産地だけに頼らずに、近くでじっくり見て、生臭さがないかも注意しましょう。

魚介類は近年EPAやDHAなど健康に優れた効果をもたらす成分を多く含んでいることが確認されて、その価値を見直されていますね。
イキのいい魚介類を食べて、美味しく健康になりましょう。

-料理編
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

ふんわりとしたオムレツ

ふんわりオムレツの作り方

洋食屋さんに聞く ふんわりとしたオムレツを作るポイント 作リ方はシンプルなのに、実際に挑戦してみると難しいのがオムレツ。 洋食屋で食べるオムレツのように、ふんわりと仕上げるにはどうしたらいいのでしょう …

包丁を長持ちさせる

包丁を長持ちさせる簡単テクニック

料理人に学ぶ 包丁を長持ちさせる簡単テクニック 包丁を長持ちさせるには、定期的に研ぐことが望ましいのですが、素人には難しいし、かといって専門業者に頼むと高い料金を取られてしまうので頻繁には頼めませんよ …

ビスケット

ビスケットやクッキーのサクサク感を保つ方法

焼き菓子専門店に聞く ビスケットやクッキーのサクサク感を保つには サクサク感のないビスケットやクッキーなんて……。 昔やっていた某クリープのCMではありませんが、サクサク感がなくなってしんなりしてしま …

おいしい出汁の取り方

おいしい出汁の取り方

割烹の親父さんに聞く おいしい出汁の取り方 日本料理の味の基本ともなる出汁。 しかしながら、ひと口に出汁といっても、かつお出汁、煮干出汁、昆布出汁など、いろいろあって素人には難しいですね。 最近は簡単 …

牛肉を柔らかく

安い牛肉をやわらかく焼く方法

料理研究家が教える 安い輸入牛肉をやわらかく焼く方法 ステーキにするなら、霜降りのとろけるような牛肉があればいうことなしですね。 しかし、霜降りの国産牛は値段が高く、どうしても安い輸入牛肉で我慢となり …