鍋を長持ちさせる裏技

鍋を長持ちさせる 料理編

鍋を長持ちさせる

カリスマ主婦に聞く 鍋を長持ちさせる素材別の裏技

アルミ鍋を長持ちさせるコツ

アルミ鍋は何にでも使えて便利ですね。
しかし、使い込むと黒ずんでくるのが難点です。

この黒ずみを遅らせるコツとしては、鍋を使用する前に以下のことをしておくと良いです。
・レモン汁か酢をたらした湯で野菜クズを煮ておきます。
・または、米のとぎ汁を煮立てておきます。

アルミ鍋が汚れてきた場合
①鍋に湯をわかし、レモンの輪切りを加えて30分ほど煮沸します。
②火を止めて1時間ほど放置すると、黒ずみがウソのように取れてキレイになりますよ。

鉄鍋を長持ちさせるコツ

使い始めに茶殻、栗の皮、柿の皮を水とともに入れて煮立てます。
タンニンが鉄と化合して皮膜を作ってくれるのでサビ防止になりますよ。

土鍋を長持ちさせるコツ

使い始めにたっぷり水を入れて弱火で煮立て、ゆっくり冷ましてから使うことです。

もしヒビが入ってしまったら、おかゆを炊いて冷ますと、米のデンプン質がヒビを塞いでくれます。
使い始めにおかゆを炊くのも、鍋の内側に皮膜を作った時と同様の効果が得られるため、土鍋が熱変化に強くなる効果があります。

タイトルとURLをコピーしました