リモコンの電池切れをチェックするコツ

日常生活編

リモコンの電池切れ?

家電量販店に聞く
リモコンの電池切れをチェックするコツ

テレビやエアコンのリモコンが突然使えなくなったとき、故障なのか単なる電池切れなのか、困るシーンってありますよね。

だれでも簡単にチェックする方法があります。
必要なのは携帯電話(またはスマホ)です。

リモコンの送信部、つまり光を出す部分を携帯電話のカメラに映して、リモコンのボタンを押しながら携帯で撮影してみます。

その画像を見て送信部が光って映っていれば電池切れではありません。
この場合は電池はまだ残っているので、何度か試してもダメなら、リモコン本体の故障、あるいは受光側の故障などが考えられます。

リモコンの送信部からは肉眼では見えない赤外線が出ているのですが、携帯電話のカメラで写すと光って見えるというわけです。

光が弱ければ、電池の残量が少ない状態なので、電池残量をチェックするのにも使えます。

リモコンが故障したと思い込む前に、まずこの方法で電池切れが原因かどうかをチェックしてみることを、一部の家電量販店では推奨しているようですよ。

タイトルとURLをコピーしました