暮らしに活かす プロのスゴワザ!

その道のプロたちのテクニックを知れば、毎日が楽しく、しかもおトクに暮らせます!!

料理編

目に沁みないタマネギの切り方

投稿日:2018年10月6日 更新日:

玉ねぎ しみない

定食屋さんに聞く
タマネギを切るときに涙を流さないで切る方法

なぜ、タマネギを切ると涙が出るかというと、タマネギに含まれる硫化アリルと呼ばれる成分が原因です。
この硫化アリルが気化して空気中に発散され、目や鼻の粘膜を刺激して涙が出る、という仕組みです。

だから、この硫化アリルが目や鼻に入るのを防げばいいというわけで、よくゴーグルをしたり、ティッシュで鼻に栓をしたりする方法が紹介される。

でも、そんなことをしなくても、タマネギ自体から硫化アリルが出るのを抑えればいいのである。

それには3つの方法があります。

① 冷やすことで硫化アリルの揮発を抑える方法です。夕マネギを切る1時間くらい前に冷蔵庫に入れて、冷やしてから切ります。
② 逆に、電子レンジで20秒ほど加熱してから切る方法も効果があります。
③ 硫化アリルは水に溶けやすい性質を持っているので、水にさらしてから切るという方法です。
タマネギを2つに切って、しばらくつけてから切ると目にしみません。
以上のコツを利用して、美味しいタマネギと上手に付き合いましょう。

最近では、目が沁みない玉ねぎ専用のカッターもあるようですね。
  

-料理編
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

ビスケット

ビスケットやクッキーのサクサク感を保つ方法

焼き菓子専門店に聞く ビスケットやクッキーのサクサク感を保つには サクサク感のないビスケットやクッキーなんて……。 昔やっていた某クリープのCMではありませんが、サクサク感がなくなってしんなりしてしま …

ハンバーグの焼き方

ハンバーグの中まで火を通すコツ

洋食屋さんに聞く ハンバーグの中まで火を通すコツ 家でハンバーグを作ると、外側は焼きすぎでカリカリ、でも中は赤身が残って生焼け、なんてこと、ありませんか? オーブンで中まで火を通すというやリ方もありま …

包丁を長持ちさせる

包丁を長持ちさせる簡単テクニック

料理人に学ぶ 包丁を長持ちさせる簡単テクニック 包丁を長持ちさせるには、定期的に研ぐことが望ましいのですが、素人には難しいし、かといって専門業者に頼むと高い料金を取られてしまうので頻繁には頼めませんよ …

ミネラルウォーター

料理で使うミネラルウォーターの正しい使い分け

飲料だけでなく料理で使う場合の ミネラルウォーターの使い分け いまや水も買う時代。 世の中にはさまざまなミネラルウォーターが出回っていて、水とはいえそれぞれ特徴があって、効能も違います。 最近は料理に …

古米を新米のようにおいしく炊く方法

古米を新米のようにおいしく炊く方法

定食屋さんに聞く 古米を新米のようにおいしく炊く方法 値段の高いブランド米でも、古くなってしまえば当然味も落ちます。 逆にノンブランドでも、新米でしかも精米したでのお米なら、ブランド米よりおいしいとい …